よく見聞きし分かり、そして忘れず

システムアーキテクトという職業に従事している、40歳男性。妻と子供2人をもつ横浜住民です。日常生活における見聞録を作成してます。

生活改善の知恵

最近努めているのが、酒を一切飲まずに就寝する事、寝室でスマホを見ない事、という事です。

それまではとにかく眠くなるまで飲み続けており、意味もなくFacebookを見たり、ユーチューブを見たりと、ダラダラと夜を過ごし、気がついたら午前2時を回っている事もありました。

そして寝るときはいわゆる「寝落ち」をして寝るわけです。

翌朝の体調の悪さもあり、食事も取れず、一日中気だるい日もありました。

 

それを心から反省し、一念発起して、酒を飲まずにスマホを見ずに就寝するようにしたのです。

数日は驚く程に寝られませんでした。

ベッドの上で1-2時間目を瞑りながら何とか寝ようとするのですが、眠気がきません。まぁそれでも何とかは寝られるのですが実質睡眠は3-5時間くらいだと思います。

 

ところが、翌朝は全く身体が辛くなく、それどころか心からの爽快感を得る事が出来ました。

日中も眠くならず、いかにお酒を飲んで寝る時の眠りが浅いかを、自らの身体を持って痛感しました。

 

そして、これまでは酒で空腹感を紛らわせて、食事は最低限にしていたのですが、日々の空腹感が大きくなりました。酒を飲んでも深夜にラーメンとかたべていて、決してダイエットにはなってなかったので、まぁこれはトントンかなと。

 

身体に悪いから酒を止めているわけではなく、これが継続できている一番の理由は「身体の軽快さ、爽快感」ですね。

日々、お酒を飲まない人はこんなにも体調が良いんですね、羨ましい限りです。

 

ただ、まだ、夜すぐに眠気がくるのはできてません。ここは継続して、何とか眠りの導入を順当にしたいと思います。ないしは眠りにつくのが遅いのは別の原因かもしれないですしね。